2020年11月19日木曜日

ビソルバイラル鼻スプレーのご説明

 ビソルバイラル鼻スプレーご説明

ベーリンガーインゲルハイム社製


 








YouTube


通常の風邪(かぜ)の期間を短縮するために、一般的なかぜの抗ウイルス治療として使用します。

ビソルバイラル鼻スプレーは、鼻粘膜の適切な水分補給を維持するため、また、次のような乾燥や炎症を起こした鼻粘膜の不快感を防ぐためにも使用できます。

  • 原因に関係なく、急性鼻炎、急性副鼻腔炎
  • 空調のある場所や湿度の低い場所にとどまるため、粘膜が乾燥する場合
  • 鼻粘膜に痂皮の形成のある場合


活性物質

Carragelose®(イオタ・カラギーナン: 紅藻由来成分)が、鼻粘膜に保湿膜を形成します。

このフィルムは、外部薬剤に対するバリアを形成し、かぜのウイルスの拡散と増殖を防ぐ保護機能を備えています。


使用法

対象 1歳以上。

風邪の最初の兆候(のどのかゆみ、のどの痛み、鼻のかゆみ、涙目など)を感じたらすぐに、

またはかぜがある場合:1日3回以上、各鼻腔に1回スプレーします。

鼻粘膜が乾燥している場合:必要に応じて、各鼻腔に1日数回。

  • 使用前にキャップを外してください。
  • 均一なスプレーが得られるまで、必要に応じて数回ポンピングして、鼻腔内にスプレーします。


使用上のヒント

  • 製品のいかなる成分に対して過敏症のある場合には使用しないでください。
  • 妊娠中および授乳中に使用できます。使用前に医師に相談してください。
  • スプレーは同じ人が使用する必要があります。
  • 子供の視界や手の届かないところに保管してください。
  • 5℃~30℃にて、保管してください。
  • スプレーしても、まった痛みはありません。無味無臭です。

すずひろクリニック (さいたま市)



0 件のコメント:

コメントを投稿

「訓練された免疫」の誘導

「訓練された免疫」の誘導   ◎  訓練された免疫状態とは   BCGを接種しておくと 単球からIL-1βなどの サイトカインの分泌が恒常的に 誘導されるようになります (=「訓練された免疫状態」と名付けられています)    このため、 その後の各種ウイルス感染 に対しても、 I...