2021-01-18

ProSens(プロセンス)鼻スプレーのご説明

 目次 リンク集 医療関係(さいたま) 



ProSens(プロセンス)鼻スプレーのご説明  


Gebro Pharma社製)

※ 20201.5.6現在、在庫僅少となっています。次回の入荷は、5月中旬の見込みです。



通常の風邪(かぜ)の期間を短縮するために、一般的なかぜやインフルエンザウイルスの抗ウイルス治療として使用します。

1.      ProSens鼻スプレーは、粘膜を潤します

2.      有効成分イオタ・カラギーナンCarragelose®カッパ・カラギーナンいずれも紅藻由来成分)が、粘膜の表面に物理的な保護膜を形成します

3.      ウイルス粒子を包み込むことでウイルス量を減らします。これにより、ウイルスが粘膜の細胞に侵入し、増殖するのを防ぎます。ウイルスは、鼻をかむか、消化器系を介して排除されます。感染の期間が短縮されます。

 

使用法

対象 1歳以上。

風邪の最初の兆候(のどのかゆみ、のどの痛み、鼻のかゆみ、涙目など)を感じたら

すぐに、またはかぜがある場合:13回以上、各鼻腔に1回スプレーします。

鼻粘膜が乾燥している場合:必要に応じて、各鼻腔に1日数回。

§  使用前にキャップを外してください。使用後は、キャップしてください。


使用上のヒント

§  製品のいかなる成分に対して過敏症のある場合には使用しないでください。

§  妊娠中および授乳中に使用できます。使用前に医師に相談してください。

§  スプレーは同じ人が使用する必要があります。

§  子供の視界や手の届かないところに保管してください。5℃から30℃にて保管すること。

重要 日本では、ProSens鼻スプレーは承認されておりません。

このため、この薬剤を使用して副作用が生じた場合は、医薬品副作用被害者救済制度が適用されませんのでご注意ください。

※ スプレーしても、まったく痛みはありません(=しみません)。無味無臭です。




最終更新日:

SARS-CoV-2 関連 ウイルス学的 疫学的 その他

 👉 血漿フォンウィルブランド因子(VWF) VWFの生体内生合成は 血管内皮細胞と巨核球(血小板を産生)のみ ⇒ 血漿VWFは、内皮細胞と血小板活性化の指標 👉COVID-19発症者 ICU入室者 と 非ICU入院患者 の 比較 ICU入室者で 有意に 血漿VWF抗...