新型コロナ対策 栄養・食事・サプリなど

 目次 リンク集 医療関係(さいたま)

 

新型コロナ対策 栄養・食事・サプリなど

新型コロナウイルス感染症対策として、世界中で、さまざまな試みや案が論文として提案されています。記載されている論文(一部)のエッセンスをまとめてみました。

※ 免責事項 あくまでも論文のご紹介です。見解は、それぞれの著者の見解です。

紹介者としましては、「何か少しでもご参考になる点があれば」というスタンスです。何か取り入れようと思われる場合には、当該の論文をしっかりお読みになった上で、自己責任にてお願いいたします。


 発酵食品・キャベツ⇒ COVID-19の死亡率↓

東アジア、中央ヨーロッパ、バルカン半島など COVID-19死亡率が 非常に低い国では 大量の発酵食品を食べている という共通の特徴がある。 ヨーロッパ諸国では​​ 発酵野菜またはキャベツ摂取量が 死亡率の低さに関連していた。 Bousquet Allergy 2020 Aug 6








◎ 発酵食品・キャベツ  効く理由(推定)

キャベツは、スルフォラファンの 前駆体グルコラファニンを含有している ①乳酸菌 ②スルフォラファン は、 転写因子Nrf2を活性化する  ⇒ 活性酸素種↓ IL-1とIL-6↓ Bousquet, Allergy 2020 Aug 6








◎ 発酵野菜とアブラナ属(キャベツなど)の野菜

は、

グルコラファニンを放出する ⇒ 植物自体 または腸内細菌によって スルフォラファンに変換される ⇒ Nrf2が活性化される スルフォラファンは 他の天然栄養素とともに COVID-19に対する 治療的価値があることが示唆される

Bousquet, Allergy 2020 Aug 6


◎ 発酵

は、新石器時代に導入され、

人類の生存に不可欠であった。 現代の生活により  発酵食品の摂取量が減っていくにつれ 腸内細菌叢(マイクロバイオーム)は 劇的に変化した。 ⇒ SARS-CoV-2に感染しやすくなるか、 より重症になる要因となったと推測される Bousquet, Allergy 2020 Aug 6


◎ COVID-19の死亡率: イタリア国内で大きな相違がある

北部イタリアで死亡率高い 南部イタリアで死亡率低い地中海式食事生産者と消費者の間の距離が短い  (=食品サプライチェーンが短い  ※=泥付き野菜を食べられる ) ⇒ 低い死亡率に寄与している可能性がある Bousquet, Allergy 2020 Aug 6






◎ 高齢者のCOVID-19対策

(一案)
Nrf2は、肺傷害や内皮傷害に対し、保護に働く Nrf2活性は年齢とともに低下する ⇒ 高齢者は酸化ストレスが媒介する病気に かかりやすくする 発酵食品(乳酸菌)やスルフォラファンを多く摂ると ⇒ Nrf2が活性化する Bousquet, Allergy 2020 Aug 6


◎ 食事・栄養からみた感染症対策1

最適な免疫応答は、 感染を防ぐための適切な食事と栄養に依存する 低蛋白 ⇒ 抗体産生↓
ビタミンA↓、亜鉛↓ ⇒ 感染リスク↑ 高い抗炎症能力と抗酸化能力を持つ: ビタミンC、ビタミンE、カロチノイド、ポリフェノール Iddir, Nutrients 2020 12 1562


◎ 食事・栄養からみた感染症(COVID-19など)対策2

ビタミンDは、 ACE2とAGTR1(アンジオテンシンII受容体タイプ1) の結合を促進する ⇒ ACE2に付着して細胞に侵入する SARS-CoV-2ウイルス粒子の数を減らす Iddir, Nutrients 2020 12 1562


◎ SARS-CoV-2感染患者780例を含む後ろ向き研究

① 既往症があり、 ② ビタミンD濃度が正常域を下回る 高齢男性の症例: 死亡するオッズ(可能性)が ほぼ13倍高かった(強く相関していた) Raharusun(インドネシア) SSRN 2020  Iddir, Nutrients 2020 12 1562


◎ フィンランドやノルウェーなどの北欧諸国

ビタミンDの強化が必須 、または ビタミンDの摂取量が多い ⇒  ・欧州で最も高いビタミンDレベルを示す ・COVID死亡率が低い イタリアとスペインの高齢者 高い日光曝露にも拘わらず ビタミンDレベルがはるかに低く COVID死亡率が高い Iddir, Nutrients 2020 12 1562


 低亜鉛状態⇒ ウイルス感染のリスク↑

遊離型の亜鉛は、 ライノウイルス複製などに 直接的な抗ウイルス効果を示す 亜鉛は ・ジンクフィンガー転写因子の重要な補因子 ・SODなどの抗酸化防御に関与する酵素の補因子 ・細胞の成長と免疫細胞の分化に不可欠 Iddir, Nutrients 2020 12 1562


◎ 腸内細菌叢:食物繊維⇒発酵により短鎖脂肪酸産生⇒抗炎症効果

短鎖脂肪酸は 単球におけるIL-12産生↓ IL-10産生↑  ⇒ TNFα↓ IL-1↓ 一酸化窒素↓ 短鎖脂肪酸炎症部位に向かう免疫細胞の遊走と活性化状態を 厳密に制御する ※ 食物繊維を多く摂取することが奨められる Iddir, Nutrients 2020 12 1562


◎ 京丹後市 長寿地域

(100歳以上133人/10万人)
野菜と海藻の摂取が多い  ⇒ 食物繊維が多い ⇒ 腸内に酪酸産生菌が多い  ⇒ 腸内で制御性T細胞の分化・増殖↑  ⇒ 免疫系の暴走を抑える 内藤 J Cin Nutr Biocem  2019 65 125


◎ 京丹後市 長寿地域

(続き)

野菜と海藻の摂取が多い 内藤 J Cin Nutr Biocem  2019 65 125 野菜(泥付き・地産地消)と海藻には
LPSが多く含まれる 
⇒ 自然免疫を活性化する
⇒ 感染症に対し、強くなる ※ この面も長寿に貢献していると 推測される

◎ 高齢者の腸内細菌叢

は、多様性が低く、
有益な微生物が減少している
(=ディスビオーシス:不良な腸内フローラ) ⇒フレイル(老年性の虚弱)
全身性炎症の両方に関連する 腸のディスビオーシスがCOVID-19の炎症↑に
影響を与えている可能性がある Ciabattini, Semin Immunopathol 2020 Nov 6


◎ プロポリス

植物の浸出液からミツバチによって
生成される樹脂材料 プロポリスの成分は、ACE2、TMPRSS2
(SARS-CoV-2の宿主細胞への感染に関与する酵素群) 、PAK1の
シグナル伝達経路に抑制効果がある 抗ウイルス活性もある 治療オプションとなりうるかもしれない Berretta, Biomed Pharmacother 2020 Aug 17


◎ 植物は、植物化学物質を生成し


病原体から身を守っている

ヒトにおけるコロナウイルスの阻害に
有望な植物化学物質には、
ケルセチンミリセチンカフェー酸
(いずれもプロポリスの成分)がある ミツバチは、
これらの抗菌特性を認識して集め
コロニーを保護するために使用している Berretta, Biomed Pharmacother 2020 Aug 17


◎プロポリス :


種々のウイルスに対する抗ウイルス活性

が示されている
by 動物モデル インフルエンザウイルス 単純ヘルペスウイルス HIV by in vitroモデル(培養細胞) ポリオウイルス 単純ヘルペスウイルス アデノウイルス コロナウイルス Berretta, Biomed Pharmacother 2020 Aug 17 131



◎ 高齢者は慢性炎症の影響を受ける

ことが多く
炎症性サイトカインのレベルが
全身的に上昇するとを特徴とする
⇒ サイトカインストーム (COVID-19による死亡の主な原因) の発症に寄与する可能性 プロポリスには抗酸化作用があり、

老化プロセスを遅らせたり減らしたりするのに役立つ
Berretta, Biomed Pharmacother 2020 Aug 17 131


◎ コロナウイルス感染

PAK1(セリン/スレオニンタンパク質キナーゼ1)活性↑
肺の炎症、肺線維症、その他の重大な死亡要因を媒介 プロポリス(成分 コーヒー酸及びそのエステル)
PAK-1をブロックし、肺線維症を回避し、
正常な免疫反応を回復する可能性がある
Berretta, Biomed Pharmacother 2020 Aug 17 131


◎ COVID-19と水素

COVID-19における水素の早期使用は、 COVID-19に関連するサイトカインストームによって 引き起こされる組織破壊を軽減し、 肺傷害↓粘稠な痰の排出↑ ⇒ 重症患者の発生率を減らす 可能性があると推測される
Yang, Front Pharmacol 15 Oct 2020

◎ 水素ガス(H2)

は、
生体内で還元性を示し、 選択的にヒドロキシラジカルを 消去することにより 酸化ストレスを軽減する Ohsawa Nat Med 2007 大腸内で産生された水素ガスは 五臓六腑に染み渡る(=全身に影響を及ぼす)
西村 第8章 腸内細菌-宿主のクロストークと食事要因 建帛社2019


 適切に食物繊維やレジスタントスターチを含む食事


を摂ることで
大腸内で穏やかな水素ガス生成を 伴う発酵を誘導し、 持続的に水素ガスを 全身にデリバリーすることに 意味がある 西村 第8章  腸内細菌-宿主のクロストークと食事要因  建帛社2019


◎ 外因性水素と内因性水素

① 外因性水素
=水素ガスの吸入や水素水の飲用による
② 内因性水素 =大腸に常在する腸内細菌によって生成される水素 水素は、分子サイズが小さい ため、大腸の管腔内にとどまらず 大腸組織を透過する
⇒ 大腸、肝臓、脂肪組織に作用 西村 第8章 腸内細菌-宿主のクロストークと食事要因 建帛社2019


◎ 肥満 ⇒ COVID-19の重症度↑・入院のリスク↑

何十もの研究が、最重症のCOVID-19患者の多くが 肥満の人々であると報告している 肥満⇒ ・免疫力↓ ・慢性炎症 ・血液が凝固しやすい ・肺活量↓ ・心臓病・肺疾患・糖尿病・メタボリック症候群のリスク↑











◎ パンデミックの疫学データ:


COVID-19重症化と死亡のリスクが

女性に比べ男性の方が、はっきり高い

男性の入院は 女性を約50%上回っている 重症SARS-CoV-2感染に対する 男性の感受性は著しく高い ICU入室数 女性1:男性 2~4 致死率 1~1.2-1.4 Ciabattini, Semin Immunopathol 2020 Nov 6 Wadman, Science Sep 8 2020


◎ エッセンシャルオイルとCOVID-19

エッセンシャルオイル(精油)は、 ・抗炎症 ・免疫調節 ・気管支拡張 ・抗ウイルス といった特性を持つことが 長い間知られており、 SARC-CoV-2に対する 活性を有することが 提案されている Asif Inflammopharm 2020 Aug 14


 エッセンシャルオイル

エッセンシャルオイルは、ウイルス膜に
膜破壊を引き起こすと提唱されている ・ウイルス複製の複数の段階に作用し、 気管支拡張や粘液溶解など呼吸器系に プラスの効果を誘発する 複数の活性植物化学物質が 含まれている Asif Inflammopharm 2020 Aug 14


◎ ユーカリ油: ヴイックスヴェポラッブの成分

・ジェンノセン ・ユーカリプトール などが含有 SARC-CoV-2に対する抗プロテイナーゼ効果 が予測される 単球・マクロファージからの 炎症性サイトカインの放出↓ その食特性は停止させない 粘液溶解 気管支拡張 ウイルス増殖抑制 Inflammopharm 2020


◎ ニンニク精油 vs SARS-CoV-2

ニンニク精油中の17の有機硫黄化合物が、
・ACE2(ウイルスの受容体)のアミノ酸
・SARS-CoV-2の主要なプロテアーゼPDB6LU7
 との強い相互作用を示した。 ⇒ 人体への侵入を防ぐ可能性が考えられる Thuy, ACS Omega 2020 5 8312

ニンニク精油とコロナ













◎ SARS-CoV-2

アンジオテンシン変換酵素2(ACE2)に結合 ⇒細胞に侵入し、感染 肺レベルにおける ACE2の濃度または活性化の程度の違い: 子供に比較して 成人におけるCOVID-19の発生率が 高い理由の一つである 可能性がある Fanos, J Ped Neonat Indiv Med 9 2020


◎ お茶

自然免疫を調節⇒ COVID-19パンデミックを 緩和すると期待される ポリフェノール ・緑茶 エピガロカテキンガレート紅茶 テアフラビン アルカロイド:カフェイン テオフィリン テオブロミン 微量栄養素: 銅 鉄 マンガン セレン 亜鉛 ビタミン  Chowdhury, Front Immunol 2020


👉緑茶 のエピガロカテキンガレート


重症COVID-19患者は、 I型インターフェロン(IFN)産生が損なわれ、 ウイルスクリアランスが低い 緑茶 のエピガロカテキンガレートは、 C型肝炎ウイルスに感染したヒト肝がん細胞で IFNやインターフェロン刺激遺伝子発現を 誘導できることが示されている Chowdhury, Front Immunol 28 Oct 2020


👉緑茶由来のエピガロカテキンガレート

(EGCG)抗炎症効果

マウス由来の マクロファージと樹状細胞を用いた実験的研究: EGCGがMAPKとNF-κbシグナル伝達を介して TLR4とTLR2の発現に介入し、 炎症誘発性サイトカインの阻害をもたらす Chowdhury, Front Immunol 28 Oct 2020



👉C型肝炎ウイルス

は SARS-CoV-2に類似したRNAウイルスであり トール様受容体(TLR)や レチノイン酸誘導性遺伝子I(RIG-I) などの受容体を負に制御 ⇒宿主細胞のインターフェロン産生↓ 2つのウイルスは このインターフェロン産生↓について 同じ作用機序を示す Chowdhury, Front Immunol 2020


👉茶ポリフェノールによる好中球・単球の阻害メカニズム

エピガロカテキンガレートとテアフラビン 転写因子NF-κBとJNK経路を阻害 ⇒LPSによって誘導される 血管内皮細胞の接着分子ICAM-1とVCAM-1 の発現を抑制する ⇒ 好中球・単球の炎症局所への集積を↓  Chowdhury, Front Immunol 28 Oct 2020


👉エピガロカテキンガレート(EGCG)と

好中球エラスターゼ

EGCGは、肺胞上皮の透過性の増加に関係する 好中球エラスターゼに 直接結合し、その酵素活性を阻害する ※ 好中球は、強度に活性化すると 好中球エラスターゼを含む 好中球細胞外トラップ(NETs)を放出する Xiaokaiti, Sci Rep 2015


◎ ナリンゲニン

グレープフルーツ(43.5 mg / 100 mL) オレンジ(2.13 mg / 100 mL)などの 柑橘系の果物に含まれる 重要な天然フラボノイドで、 ・鎮痛作用 ・抗酸化作用 ・抗炎症作用 ・抗腫瘍作用 ・抗ウイルス作用 がある。 Alberca, Front Immunol Sep 25 2020


 

👉ナリンゲニンは、ウイルス複製を阻害する


SARS-CoV2では、 インシリコ分析により、 ナリンゲニン(NAR)が SARS-CoV-2 の 3-キモトリプシン様プロテアーゼ (ウイルス感染時の転写と複製に関与)を阻害し、 ⇒ ウイルス複製を阻害する可能性がある Khaerunnisa, 2020 Alberca, Front Immunol Sep 25 2020 




👉ナリンゲニンとARDS


肺のIL-6、TNF、好中球の増加を伴う症候群である 急性呼吸窮迫症候群(ARDS)の動物モデルでは、 ナリンゲニン補給により、 好中球の浸潤と酸化ストレスを軽減し、 気道の炎症と肺傷害を大幅に軽減した。 Zhao 2017 Alberca, Front Immunol Sep 25 2020 


 

👉ナリンゲニンの抗ウイルス作用

・表面分子の調節 ・抗ウイルス物質(インターフェロンIなど)の産生、 ・炎症分子の生成、 ・ウイルスコンポーネントとの直接相互作用 などを介して、 ⇒ ウイルスの侵入、集合、複製を減少させる

Alberca, Front Immunol Sep 25 2020 





👉妊婦におけるSARS-CoV-2感染率の上昇

ワシントン州において 妊婦におけるSARS-CoV-2感染率(13.9/千人)は、 同年齢(20-39歳)の成人(7.3/千人)よりも70%高かった 妊婦がCOVID-19ワクチン接種について 広く優先されるべきであることが強く示唆される(米国)。 Lokken, Am J Obstet Gynecol 2021



👉運動
定期的に中程度から激しい運動をする
⇒ 生涯にわたって免疫力が向上し
上気道感染症の頻度を減らすことができる 定期的に運動をしている高齢者(65歳以上)
でも同様 定期的な運動 ⇒ 血流中の抗ウイルス作用を持つ細胞集団が変化する(可能性) L-Linnemann World Allergy Org J 2020

👉運動

定期的に中程度から激しい運動をする ⇒ 生涯にわたって免疫力が向上し 上気道感染症の頻度を減らすことができる 定期的に運動をしている高齢者(65歳以上) でも同様 定期的な運動 ⇒ 血流中の抗ウイルス作用を持つ細胞集団が変化する(可能性) L-Linnemann World Allergy Org J 2020


👉 運動

40〜60分の激しい運動中 運動中に放出されるアドレナリン ⇒ リンパ球表面のβ2アドレナリン受容体を刺激 ⇒ NK細胞とCD8+ T細胞など、 急激な一過性のリンパ球増加が生じる (それぞれ10倍、2.5倍に↑) ⇒ エフェクターメモリー型の免疫表現型となる L-Linnemann World Allergy Org J 2020



👉運動 ①  ・骨髄へのホーミング↑ ・疲弊・老化したT細胞の  アポトーシスを促進↑  ・新しい前駆細胞(IFN産生CD8+T細胞)の  産生・放出↑  ⇒ 免疫のホメオスタシスを維持する ② ワクチン接種の反応を高める  Kohut 2002 L-Linnemann, World Allergy Org J 13  100476  2020



👉運動による免疫学的健康


COVID-19流行期間中は
・健康的なライフスタイルを 維持するため ・免疫保護や免疫調節のため 活動的で定期的に 徐々に強度を上げて 運動することが大切である SARS-CoV-2重症化のリスクが高い高齢者は 運動による免疫学的健康への効果が 最も大きい可能性 L-Linnemann, World Allergy Org J 2020



👉恒常的な運動 ⇒ 免疫細胞上の細胞表面TLR発現↓


Toll様受容体(TLR)4:
サイトカインストームの原因となる サイトカイン産生シグナルの最上流に位置する ・運動不足 ⇒TLRの活性化↑ (=活性化しすぎにつながる) ・恒常的な運動 ⇒ 免疫細胞上の細胞表面TLR発現↓ ⇒SARS-CoV 感染中のサイトカインストームのリスク↓ L-Linnemann, 2020


👉森林浴

森の中を歩くと
樹木が生成する揮発性物質 (フィトンチッド 抗菌性のエッセンシャルオイル) によってNK細胞の活性が高まる このNK細胞活性を高める効果は、森林浴ツアー (2泊3日 1回あたり2時間の散歩x3回)の 30日後まで続いた Li 2006-2008 L-Linnemann, World Allergy Org J 2020

👉睡眠

現在までのところ、 睡眠の COVID-19に対する 予防的効果を示す研究は 発表されていない しかし、 睡眠の質を高めた健康的なライフスタイルは、 免疫系の機能を高めたり、 整えたりする可能性があることが 提案されている L-Linnemann, World Allergy Org J 13  100476  2020

👉 睡眠

効率的なT細胞応答のためには、
T細胞が標的(ウイルス感染細胞など)に
しっかりと接着することが必要

そのためにはT細胞受容体(TCR)を介した
β2インテグリンの活性化が必要である

睡眠時は
夜間の覚醒時に比べインテグリンの活性化↑

Dimitrov 2019

L-Linnemann,  World Allergy Org J 2020

👉 睡眠不足

睡眠中 Gタンパク質共役型受容体αサブユニット アゴニスト(エピネフリン、ノルエピネフリンなど)が少ない ⇒ 細胞傷害性T細胞のインテグリンの活性化↑ (=抗ウイルス作用↑) 2時間の睡眠不足で⇒ T細胞の接着能力は低下する Dimitrov 2019 L-Linnemann World Allergy Org J 2020

👉 睡眠障害とIL-6

高齢者では 質の悪い睡眠パターン(=睡眠障害があること)が 認知テスト負荷によるIL-6(炎症性サイトカイン) レベルの上昇と関連していた 抑うつ症状、ストレス、孤独感などの他の要因と IL-6とは無関係であった Heffner 2012 L-Linnemann World Allergy Org J 2020


👉マインドフルネス(瞑想)

急性呼吸器感染症を予防するための マインドフルネス(瞑想) Barrett 2012によると、 専門家の指導によるマインドフルネス(瞑想)を 継続的に行うことは 効果的なストレス軽減を実現し 主に高齢者の急性呼吸器感染症の負担を 軽減するのに有益である L-Linnemann, World Allergy Org J 2020


👉 ビタミンC

ビタミンCの抗酸化作用が、 免疫系に影響を与える可能性 200mg以上のビタミンC補給 ・一般集団における風邪の発症率は低下しなかった ・ 風邪の罹患期間:成人で8%、小児で14%短縮させた コクランとの共同研究によるシステマティックレビュー L-Linnemann, World Allergy Org J 2020


👉 亜鉛

人体の亜鉛貯蔵能力は低い 亜鉛が欠乏すると ・胸腺の萎縮 ・リンパ球の減少 ・リンパ球の反応↓ 亜鉛の補給は 小児および高齢者の ・急性上気道感染症 ・肺炎 ・下痢 のリスクを低減する可能性 ※ 銅欠乏症のリスクがあるため 過剰な亜鉛投与は避けること L-Linnemann World Allergy Org J 2020


👉 発熱

摂氏39度~40度の温度上昇は、 様々な細胞からのIL-6、IL-12、IL-1β、IFN、 プロスタグランジンなどの産生を 増加させる 一方、マクロファージにおける IL-10とTNFαの産生は減少 Tヘルパー細胞の反応をTh1に向かわせる ⇒ 抗ウイルス作用↑ L-Linnemann, World Allergy Org J 13  100476  2020


👉 市中肺炎の高齢入院患者

市中肺炎の高齢患者は 発熱と白血球増加症を特徴とする 全身性炎症反応を示さない場合がある 市中肺炎の高齢入院患者 ・発熱と白血球増加症のある患者:A群 ・発熱と白血球増加症のない患者:B群 の比較 死亡率  ・A群 4% ・B群 29%  Ahkee 1997 L-Linnemann  World Allergy Org 2020

👉 消極下熱群

ICU入室し、発熱(>38.5℃)した患者 ・ A群 積極下熱群 アセトアミノフェン開始    >39.5℃にて冷却ブランケット追加 ・ B群 消極下熱群    >40℃で下熱開始    40℃以下になるまで だけ下熱を図る  死亡  ・A群 7名 ・B群 1名 P=0.06 Schulman Surgical Infections 2006


👉 ネアンデルタール人由来のゲノム

ホモ・サピエンスは、 アフリカ人とネアンデルタール人との 交配によって生まれた ホモ・サピエンスのゲノムにおける ネアンデルタール人由来のゲノム:約2% このネアンデルタール人に由来する ハプロタイプの中に、 免疫反応における 重要な遺伝子が含まれている Bach, Front Immunol 1.28 2021


👉 COVID-19の重症化因子

ネアンデルタール由来のコアハプロタイプ の対立遺伝子(=COVID-19の重症化因子  第3染色体内)の頻度 ・南アジア 30% ・欧州 8% ・アメリカ 4% ・東アジア 低頻度 英国のバングラデシュ出身の個人は 一般集団より COVID-19で死亡するリスクが約2倍高い    Zeberg Nature 587 610 2020


👉 サウナ

サウナの利用 ⇒  COVID-19 症例数↓・死亡率↓の可能性 ・症例数/10万人 欧州 233人 F国(フィンランド)128人 E国(エストニア)148人 ・死亡数/10万人 欧州 18.3人 F国 5.9人 E国 5.2人 2020.6時点  ※ F国とE国では、サウナが文化の一部


👉 低温

SARS-CoV-2の弱点 熱、塩基性pH(アルカリ)、酸性pHに弱い このウイルスは、4℃でより安定する =低温を好む 発熱(患者自身が発する熱)や 人為的に誘発された体温(サウナや風呂)が 感染に与える潜在的な影響 を考慮する必要がある Ramirez  Med Hypo 146 110363 2021


👉 ハイドロサーモセラピー

ハイドロサーモセラピーという用語は ギリシャ語で水を意味する「Hudor」 熱を意味する「Thermo」 治癒を意味する「Therapeia」 の3つの言葉に由来する ハイドロサーモセラピー =人体に人工的な熱を作り出す ユニークなメカニズム 熱⇒抗ウイルス効果がある Ramirez  Med Hypo 146 110363 2021


👉 ハイドロサーモセラピーの種類

世界各地にフィンランド式サウナの類似した ハイドロサーモセラピーが存在する ・日本の銭湯や蒸し風呂 ・トルコのハマム ・中米(メキシコ)のテメスカル ・アメリカ先住民のスウェットロッジ(イニピ) ・ロシアのバーニャ など Ramirez  Med Hypo 146 110363 2021


👉 スペイン風邪とハイドロサーモセラピー

1918年スペイン風邪(インフルエンザ)の大流行 ⇒ 5千万人~1億人死亡 ・一般病院の死亡率 13~40% ・サニタリウム(健康センター)における 入院患者の死亡率 1.3% ※ サニタリウムでは、ハイドロサーモセラピー が施行されていた Ramirez  Med Hypo 146 110363 2021


👉 感染症における発熱

感染症において発熱すると ① 宿主の生存率が高まる ② 病気の期間が短くなる ヒトの細胞とライノウイルスを入れた容器を 45℃の温水浴に浸した ⇒ 熱によってウイルスの増殖が90%抑制   ヒトの細胞は死滅しなかった ※ サウナでは、短時間、体温約40℃まで上昇する Ramirez Med Hypo 2021


👉 mRNAワクチンの副作用


SARS-CoV-2・mRNAワクチンの 副作用(発熱、頭痛、筋肉痛、 全身倦怠感などの組み合わせ)は、 侵入してきた微生物との接触に対する 正常な生理学的反応である I型インターフェロンの 一過性の産生を反映しているのにすぎない 可能性がある(推測)。 Sprent, Science 6 eabj9256 2021

👉 I型インターフェロン

I型インターフェロン(IFN-I) 病原体との接触後 マクロファージ、樹状細胞(通常型と形質細胞様)から 直ちに産生され 強力な抗ウイルス効果を持ち、全身に作用する SARS-CoV-2は IFN-Iの産生に拮抗し 重症患者であっても血中のIFN-I(特にIFN-β)が 正常値以下になる Sprent, Science 2021


👉 I型インターフェロン

現在まで SARS-CoV-2・mRNAワクチン接種後の IFN-I産生に関する直接的な証拠はない しかし、他のmRNAワクチンは IFN-Iを強力に誘導する Cagigi 2021 ⇒ この可能性は高い(推測) ※ B型・C型肝炎や多発性硬化症の治療目的で IFN-I注射  ⇒ 発熱、頭痛、疲労が出現する Sprent, Science 2021


👉 IFN-Iのアジュバンド活性

成功したワクチンの必須の特徴は ①病原体の抗原を有する ②アジュバンドを含んでいる⇒宿主樹状細胞上  の共刺激分子発現↑ ・病原体の多くの成分(特にmRNAとDNA)は アジュバント活性を持つ ・ワクチン投与によって産生されたIFN-Iも 強力なアジュバントとして作用する Sprent Science 2021


👉 mRNAワクチンの副作用

COVID-19・mRNAワクチンの副作用は 証明されていないが 有効な免疫反応の誘導に伴って IFN-Iが短時間で生成されたことによる 副産物である可能性が高い 男性よりも女性 高齢者よりも若年者の方が 強い影響を受ける (=IFN-Iの産生量と相関している:推測) Sprent, Science 6 eabj9256 2021






すずひろクリニック公式サイト(さいたま市)


最終更新日: